確実に汗を止める方法

薬を使用する

確実に汗を止める為には、薬の力が欠かせませんよね。その為には、多汗症で悩んでいる事が前提になります。バセドー病やリウマチによる全身性の多汗症と顔面多汗症や手掌多汗症では、薬や治療方法がことなるのです。まずは、自分自身の症状を分析した上で病院へ行きましょう。

 

手掌多汗症と顔面多汗症のような局所性多汗症は、皮膚科に行ってみるのが良いですよ。局所性多汗症の多くは、精神的な悩みを抱えている事があります。このような場合には、カウンセリングと薬の服用で治療していくのが一般的になっているのです。

 

最も多く多汗症の治療に用いられるのが「プロバンサイン」。これは、抗コリン剤と言って直接神経に作用する薬になっています。汗腺に影響する神経伝達を遮断する事で汗をかかなくするのです。プロバンサイン以外では、「インデラル」と言う薬もあります。インデラルは心拍の上昇を抑える薬なので、精神的要因の多汗症に効果があり。

 

薬を服用すれば、汗を止める事が可能です。しかし、個人輸入などで安易に汗を抑える薬を購入するのはオススメ出来ません。薬の服用は、医師や薬剤師に相談した上で行うのが理想的だからです。薬を使用したいと考えている場合は、まずはお近くの皮膚科や内科にいって相談してみましょう。

 

手術をする

 

局所性多汗症の場合ですが、手術で治す方法もあります。胸腔鏡下交感神経節遮断術と言う手術を行えば、顔面多汗症なら顔汗が止まるのです。また、手掌多汗症では手汗を止める事が可能。ただし、胸腔鏡下交感神経節遮断術にはデメリットがあるのです。例えば、顔面多汗症が改善して顔汗が出なくなったとします。顔汗が出なくなった代わりに、別な場所から汗が多く出るようになるのです。この代償性発汗と呼ばれる現象は防ぐ事が出来ません。

 

手や顔などの人目につく場所の汗を止める事が出来るなら、他の部分は汗が多くなっても構わないと言う考えがなければ手術はしない方が良いでしょう。代償性発汗と言う現象は、ほぼ100%の確率で起きます。人間は汗をかく事が必要な現象なので、出ない部分の汗は当然のように別な場所から出てしまうのです。手術後の事も視野に入れて検討してみましょう。

 

ボトックス注射をする

 

ボトックス注射も局所性多汗症に効果が高くなっています。確実に汗を止める事は可能ですが永久ではありません。効果は半年間程度になっていますので、効果が切れる前にボトックス注射を再度行う必要があります。ボトックス注射のデメリットは、保険適用外ということもあり料金が高くなってしまうのです。それでも汗を止めたいと考えれいるのであれば、皮膚科や美容外科に行って相談してみるのも良いですよ。

汗かきになる原因とは

多汗症など、汗をたくさんかく状態は不便が多いです。汗かきだと服に汗のしみができてしまったり、蒸れて匂いがしたり、手が濡れているから気持ちが悪いといったトラブルが起こります。また、女性の場合はメイクが落ちてしまうといった問題もあります。
汗かきの原因には、女性ホルモンの乱れが挙げられます。女性ホルモンが乱れることで自律神経にも影響が起き、顔汗やのぼせにつながるのです。また、ストレスが原因でも自律神経は乱れます。緊張すると汗が出るのはそのためです。ストレスでの汗の場合はその原因を取り除くか、できるだけリラックスできる時間を作ることが大切です。

 

自律神経は交感神経と副交感神経に分かれますが、活動しているときは前者が、休息しているときには後者が働きやすいです。この二つの動きが乱れて交感神経ばかり働くといった状態になってしまうと、多汗につながります。早寝早起きをする事で体内時計を正常にする、食物繊維や水分をよく摂る、マッサージなどで心身をリラックスさせる、といったことで改善に自律神経を整えていくことが大切です。

 

また、運動不足の人の場合、体の汗腺の働きがうまくいかず、顔にばかり汗が集中するといったトラブルが起こります。普段、エアコンの効いた部屋にばかりいる人も同じ症状になることがあります。ほかの部分の汗腺の働きが弱くなることで、顔などの一部分からのみ大量の汗をかくようになってしまうのです。適度に運動をしたり、できるだけエアコンに頼らない生活をすることで改善することがあります。また、お風呂のときはシャワーだけよりも湯船にしっかりと浸かった方が全身からの発汗をしやすい体になります。ただし、激しい運動をする事で代謝があがり、顔どころか全身からも汗が噴き出すようになってしまうパターンもありますから注意が必要です。

 

また、太っている人も汗かきになりやすいです。皮下脂肪が分厚いので、こもった熱を発散するのに大量の汗をかく必要があるのです。この場合は、適切な体重になることが問題解決の近道です。
多汗症という顔や手の汗が大量に出て止まらない病気の場合もあります。病院で適切な治療を受けることで改善することがあります。
実は冷え性の人も汗を一気にかきやすいパターンがあります。冷え性の人は水分の代謝が悪いため、体に余分な水分が溜まっているからです。
いずれの問題にしても、汗かきを生活の中で根本的に治していくには長い時間がかかります。


顔汗を防止するための方法いろいろ

顔汗は、人からわかる部分なので汗かきの中でも目立ってしまいます。顔汗の防止には、規則正しい生活が大切です。夜型の人は、早寝をして朝起きる生活をするように心がけてみるだけでも効果が期待できます。また、野菜や発酵食品を中心にした食事にする、適度に水分をとる、適度な運動をするといった健康的な生活が、自律神経の乱れを予防し、顔汗の防止にもつながります。香辛料や脂の多い食べ物も汗かきにつながりますので、そういった食べ物をできるだけ控えることも大切です。反対に、アボガドや大豆食品は汗を抑える効果があります。

 

また、体の汗腺が正常に働かず、顔ばかり汗をかく機能が集中して大量に汗が出てしまうという場合もあります。そうならないためには、やはり日ごろからの適切な運動が大切です。体を適度に動かすことで、顔以外の汗腺が働きやすくなります。また、エアコンに頼る生活も汗腺の正常な働きを妨げます。安易にエアコンを使わずに自然に汗をかく時間を作ることも大切です。お風呂の時に湯船につかることも防止につながります。自然に全身から汗をかく生活をする事で、顔から汗が集中して出てしまうという体質の改善につながります。

 

お湯につけたり、手袋や分厚い靴下をはくなどして手足を温めることも効果的です。手足からの汗が増えることで顔の汗が減るからです。
一時期の実顔汗を防ぎたいなら、顔専用の制汗剤を使ってみるのも一つの方法です。ただし、制汗剤は多用すると肌に負担をかけたり汗腺の働きを余計に悪くすることがあるので、帰宅したらすぐに落とすことがポイントです。首の後ろの頸動脈を保冷剤で冷やすことでも、顔からの汗を防ぐことが可能です。

 

また、緊張によっても汗が出ます。リラックスすることを心がけて生活するだけでも、顔汗が出ることを予防する効果があります。
手のひらには顔からの汗を防ぐためのツボもあるので、時間のある時にそのツボを刺激することも効果的です。
ボトックス注射をすることでも、汗を防止することができます。この注射には発汗を促す作用のある神経物質の分泌を抑制する効果があります。ですので、汗の気になる部分に注射をすることで、その部位から汗をかかないようにすることができるのです。
胸の位置をベルトなどで圧迫することで、顔から上に汗をかかないようにするという方法もあります。この方法の場合、顔に汗をかかない代わりにベルトより下の位置の汗が増えることになります。


サラフェによる顔汗防止効果

顔用の制汗ジェルサラフェは、顔汗の防止に使えるジェルです。日本製で無添加なので安心して使うことができます。ジェルを手に取り、顔に塗るだけで顔からたくさんの出る汗を防ぐことができるので、毎日簡単に続けることができます。サラフェを使えば汗によるメイク崩れや人の目を気にせずに済むようになります。また、落とすときは通常の洗顔フォームで落とすことができるので、手間がかかりません。

 

朝、塗ることで夜まで効果が持続します。発汗を抑制する効果の認められている成分が肌に吸着し、大量の汗が流れないようにします。ジェルには美肌に効果のある植物エキスも含まれているので、顔に制汗剤を塗っている状態ながら肌への負担を減らしてくれるのです。この植物エキスには皮脂の分泌を改善する効能もあります。皮脂を抑えるので肌がてかるのを防ぎ、サラサラの状態を維持できます。
汗の原因にはストレスもありますが、サラフェにはアロマ効果もあるので、使っているだけで心身のリラックスにつながります。
肌の中でも、顔というデリケートな部分に使うものなので、肌を整える成分や、保護する成分、保湿成分など、肌に優しい成分が多く使われています。

 

また、制汗剤には防腐剤となるパラベンなどが含まれることが多いですが、敏感肌にも配慮したサラフェにパラベンは含まれていません。そのほか、合成着色料、着色料、鉱物油といった肌に負担をかける恐れのあるものは使用していません。敏感肌の人でも安心して使用することができます。子どもでも使用できます。
また、サラフェは医薬部外品(薬用)なので、国に効果の認められた薬用成分が含まれています。
顔の汗を止めても、体の他の部位から汗は排出されるので、健康には影響ありません。また、顔の汗をまったく出ないようにするわけではなく、多量の汗が出るのを防ぐためのジェルなので、汗が出なくなることに不安を覚える必要はありません。
使うことによって化粧のノリが悪くなるということもありません。また、化粧の上から塗りなおすことも可能です。

 

通信販売での購入の際、料金は商品を実際に受け取ってから払えばいいので、お金を払ったはいいが商品が来ないといった心配がありません。また、忙しくてなかなか受け取ることができないという場合には、近くの郵便局に都合のよい時間に直接受け取りに行くことが可能です。
大量の汗を抑制することで、化粧崩れを直す機会も減り、化粧品も長持ちするようになります。